あいうえおえほん

戸田デザイン研究室の『あいうえおえほん』は1982年につくられました。
以来、親から子、そして孫へと多くの方々に読み継がれています。
ベストセラーにして戸田デザイン研究室の原点、とも言える作品です。

私たちがこの絵本で最も伝えたいこと。それは「ひらがなの美しさ」です。
その美しさを手にした子どもたちが、楽しく・わかりやすく感じることができるように、デザイン・編集には、たくさんのこだわりと考えが詰まっています。

この絵本で使われているひらがなは、すべて戸田デザイン研究室のオリジナル書体。
50音を一文字ずつ丹念にデザインしていき完成させた作者のオリジナル・フォントです。本から伝わるなんとも言えないあたたかみは、この本のために作った文字だからこそ表現できるものです。

大きく表したひらがなは、当時1980 年頃ですが、これから増える横書きを想定し、横の膨らみ・流れを意識したデザインで、ひらがなの美しさを表現しています。
その魅力は時が経っても色褪せず、美しい文字デザイン(タイポグラフィ)として多くの大人も魅了してきました。その評価は国内に留まらず、ニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ、海外でも高く評価されています。

書き順をわかりやすく表示した文字も、この本のために制作されたオリジナルの書体です。国語の教科書に使われている、いわゆる“教科書体”は毛筆を元にした毛筆体。
これを手本に子どもたちが鉛筆などの硬筆で書こうとすると、「トメ・ハネ」で必ず迷うことになる。そこで、毛筆を硬筆で書いた場合にしっかりと書く「ハネ・トメ」と、書かなくて良い「ハネ・トメ」を明快に区別しデザインしたのが、このオリジナル硬筆標準書体なのです。
これには、一文字ずつ当時の文部省に確認をとりながらデザインしていくという、大変な手間と時間がかかりましたが、子どもたちや父兄、教育現場の先生方からもとても喜ばれ、評価をいただいています。

こだわっているのは文字だけではありません。

シンプルな絵とデザイン。描かれる対象を最もわかりやすく・美しく表現する一本の線を求め、可能な限りシンプルにしていく。おもしろおかしくデフォルメするのではなく、まっすぐに描くものと向き合う姿勢が、美しく優しく、時にユーモラスな魅力を生みだしています。
色彩も鮮やかで美しいけれど、刺激的ではない。穏やかな気持ちで子どもたちが見ることができる色、配色を追求。当然、本の紙質も落ち着いた発色になる紙にこだわります。オフホワイトの真っ白な紙はNG。ちょっと黄色みを帯びた、懐かしい感じの紙を使っています。

そして23.5×23.5cm の正方形の判型。この形は製本する上では手間のかかるものです。でも普通の長方形のAB 判や菊判では、無駄なく作ることができても教科書のようで、どうも楽しくない…。ちなみに、今でこそこの正方形の判型のひらがな絵本をよく見かけますが、『あいうえおえほん』が誕生した当初は、まだ1 冊もありませんでした。
まさに戸田デザイン研究室からスタートした、美しい絵本の形です。

もうひとつ、シンプルを極めた美しい装丁も戸田デザイン研究室ならでは。出版当初は「子どもの本なのに表紙に絵がないのは売れない」などと言われたものです。
しかし、戸田デザイン研究室が考えるのは「インテリアとしてリビングに置かれてもステキな」絵本。シンプルで美しくデザインされたものには、大人も子どもも、ありません。時代も流行も、ありません。

実際にページをめくってみてください。
見開きページにひとつの文字とひとつの絵という構成は、子どもたちに文字と絵のイメージを繋げやすくします。

そして50 音順にも、ひと工夫。ふつうはワ行は「わ・い・う・え・を・ん」の順。でも「を」は現在では名詞には使われずに助詞としてのみ使う、他の50 音とは明らかに性質の違うものです。ですから、子どもたちの頭が混乱しないよう整理して「わ・い・う・え・ん・を」の順に並べる説を採用しています。

知識を超え、感性も育てる『あいうえおえほん』。戸田デザイン研究室のモノづくりの原点となった1冊です。これからも心まで豊かに育む絵本として、多くの子どもたちに手にとってもらいたいと願っています。

© Toda design