竜のはなし

販売価格 1,760円(本体1,600円、税160円)
販売価格 税込 1,760円(本体1,600円、税160円)
購入数

作 宮沢賢治 / 画 戸田幸四郎
サイズ 31×23cm / 26ページ / 初版 1983年12月
対象年齢の目安 6歳くらいから / ISBN 978-4-924710-15-3

日本の名作を重厚な油絵で描いた、戸田幸四郎の名作絵本シリーズ。
このお話は宮沢賢治の世界を象徴する名作なのですが、『宮沢賢治全集』のなかに『手紙1』という題名で収録されているだけで、一般的には全く知られていない作品でした。それを宮沢賢治の実弟・宮沢清六さんと、ぜひ、たくさんの人に読んでいただきたい、ということで絵本化が決定。『竜のはなし』と改題して出版したのです。絵本化されているのは本作のみ、という賢治童話の中でも珍しい作品です。

人や動物から恐れられる一匹の竜。ある時「もう、悪いことをしない。」と心に誓います。許すこと、受け入れること。自分の命さえ投げ出すような、壮絶なまでの竜の優しさは、読む者に「優しさ」の意味や本質を問いかけてきます。
竜の心の内が伝わるような重厚な油絵も、絵本の世界をより深いものにしています。

仏教思想をベースにしたこのお話。「子どもは理解できるだろうか?」と思われるかも知れません。私たち戸田デザイン研究室の理念でもあるのですが、心を動かすことに、子どもも大人もありません。竜の姿を前に、子どもが釘付けになったという読者のお手紙も多くいただく本作。子どもたちの心に、深い余韻をもたらすでしょう。

公式Facebookページ